カードローンは個人事業主でも利用可能

カードローンというものは、個人でしか利用できないと誤解されていますが、個人事業主や法人でも利用することが出来るカードローンは存在しています。
個人事業主の場合は、たとえ今年度の収益が良くても来年度同じ収益が見込める可能性が少ないという判定になってしまうので、実はサラリーマンよりも社会的信用度が低くなってしまっているのです。
そのためカードローンのように、個人で融資を申し込んでもなかなか審査が通りにくいという現実があるのですが、個人事業主専用のカードローンを利用することで、審査が通らないという不足の事態を回避することができるのです。
個人事業主専用のカードローンといたしましては、事業者専用ローンビジネクトとが人気があります。
一般的にカードローンは総量規制対象になることが多いなかで、事業性融資の性質が強いビジネクトの場合総量規制対象外が適応されることになりますので、事業費用として利用することも可能になっており、幅広い利用ができるカードローンになっております。
ビジネクトを利用した場合の融資額は、初回500万円に限られますが、1万円〜1000万円と広い範囲での融資が可能ですし、通常のカードローンと同じく保証人や担保が必要ありませんから非常に使い勝手がいいでしょう。
またこれも通常のカードローンと同じく、インターネットでの申込みを可能にしておりますので、忙しい事業主だからこそ、来店不要野カードローンが必要との心配りですね。

アイフルの保証会社は?

アイフルのキャッシングには保証人が必要ありません。

 

キャッシングといえば連帯保証人というイメージが思い浮かびますが、実際にはいらないのが現実となっています。

 

理由はアイフルが別のキャッシング会社を保証会社として指定をしている会社が保証人となってくれるからなのです。

 

顧客が何らかの理由により支払いができなくなってしまった場合であってもキャッシングの保証会社が債権を肩代わりして引き取ってくれます。
これが保証となっています。

 

もちろん支払うことが出来なくなってしまった場合には、キャッシングの保証会社が代わって取り立てに来ることになります。
ですが知人が被害に巻き込まれるというようなものではありません。

 

アイフルのキャッシングの返済ができなくなった場合には、その責任を全て追わなければならないのと、責任を知り合いにかぶせなくてもよいというものになっています。

 

消費者金融のカードローンの金利はどこでも似たようなものになっています。

 

審査に関していうとアイフルは独自路線の消費者金融となっていますが、その他の大手消費者金融は銀行が母体となり目がバンクカードローンをはじめとしたローンの保証会社も勤めていますから審査の能力は高いと言えます。

 

アイフルの特徴は、業界再編でほとんどの消費者金融が大手の都市銀行のグループ企業になっているのですが、独自路線にあるという点にあります。

 

他の金融会社と同じでアイフルもインターネットを使って申し込みが出来たりスピーディーな審査にも対応していますから、利便性の高さに関しては問題がないと言えます。

キャッシングの審査が甘い金融機関は、口コミから探し出そう

キャッシングの審査が甘いかどうかは、金融機関のホームページでは確認することができません。
基本的に金融機関のグレード、銀行とか消費者金融などで審査基準をある程度想定するしか方法はないのですが、キャッシングの審査が甘いかどうかの判断基準としましては、キャッシング審査を実際に受けた人の口コミを確認するのがいいでしょう。
キャッシング審査を受けた人の口コミには、職業や年収、勤続年数、借り入れ希望枠などを詳しく掲載していることもあって、自分と同じ条件の人がクリアした消費者金融であれば、他の金融機関でキャッシング審査が通らなかった人でもキャッシングの審査が通りやすい条件が整っていると言えるのです。
ちなみにキャッシングの審査が甘いということは、それだけ融資をする人のリスクがあってもキャッシングを行うことを認定しているわけですから、金利が他の金融機関よりも高く設定されていることがありますので、キャッシングの審査が甘いということはメリットだけではなく、デメリットもあることをしっかり認識しておきましょう。
ちなみにキャッシング審査が甘く、金利も安いということで口コミサイトでも評判がいい消費者金融もあり、最近テレビCMでも頻繁に見かける「アコム」「プロミス」「レイクレディースローン」が使いやすいと言われています。
本人確認書類のみでも、50万円上限で借りられることから、緊急的にお金が必要であるならば上記の大手消費者金融に注目をしてみましょう。